中毒医療の発展と中毒事故・事件の防止に貢献することを目的としています

MENU

その5 サリチル酸

中毒起因物質の実用的分析法 サリチル酸塩-とくにアスピリン

サリチル酸

・機器分析法
  UV検出HPLC法.試料:血清1ml.定量下限:0.1μg/ml

・急性中毒の重症化を判定できる血中濃度範囲:100~1,000μg/ml

 1. 概   要
 サリチル酸塩は,鎮痛作用と消炎作用のために広く使用されており,代表的な化合物にアセチルサリチル酸(アスピリン)がある.アスピリン製剤は,1800年代から解熱鎮痛剤として広く普及しており,医療薬だけではなく,一般薬として家庭内に常備されることも多い.アスピリン製剤は剤形が多様で,末,顆粒,錠剤,座薬があるが,総合感冒薬に含有する場合も多い1).また,サリチル酸塩のなかでもサリチル酸メチルは外用剤として液剤,軟膏,リニメントといった剤形で使われる.いずれも毒性は同じであるが,経口摂取した場合に吸収に差がみられ,サリチル酸メチルは発症時間が速い2).
 日本中毒情報センターの2001年受信報告3)によると,医薬品中毒8,881件のうちアスピリンに関する問い合わせは196件(2.2%)であり,この内訳は,医薬用解熱鎮痛消炎剤15件,一般用解熱鎮痛薬177件,一般用感冒薬4件であった.また,この196件中126件(64.3%)は5歳以下の小児による誤飲であった.
 アスピリンは,体内で加水分解したサリチル酸が作用を示す.このため,中毒における分析対象物はサリチル酸とされる1,4).

 2. 簡易検査法(呈色反応)5)
 塩化第二鉄反応,トリンダー反応によってサリチル酸やサリチルアミドを紫色に呈色することができるが,フェノール性水酸基をもつ化合物にも呈色するため注意が必要である.

 3. 機器分析法
 生体試料を用いたサリチル酸類の分析法は,HPLC6~22),GC23~26),GC/MS27),キャピラリー電気泳動法28~30)など沢山の報告があり,目的に応じて選択できる.今回紹介する分析法は,われわれが前回アセトアミノフェンの分析法として報告したHPLC法31)であり,①サリチル酸以外にもアスピリン,アセトアミノフェン,フェナセチン,エテンザミドが同時分析できること,②急性中毒患者の治療にあたる施設の機器保有状況などから実用的な測定方法として選択した.あくまでも他の分析法に勝るというものではないことを留意していただきたい.
 【前処理方法】
 1) 血清1mlに内部標準物質(1,000μg/mlのN-Acetyl-o-aminophenol(o-APAP)メタノール溶液)を10μl加える.次に,アセトンを1ml加え,ミキサーで混合後に遠心分離(3,000rpm,2min)して除タンパクする.
 2) 遠心分離で得られた上清を分取し,0.2N酒石酸(pH1.0)1mlを加える.次に,酢酸エチル3mlを加えた後によく振騰し,酸性薬物を酢酸エチルで抽出する.
 3) 酢酸エチル層を分取し,減圧下40℃で乾固させる(窒素気流により乾固してもよい).
 4) 残渣を移動相あるいはメタノール1mlに溶解し,その10μlをHPLCに導入する.
 【分析条件】
  装   置:LC-10ADVPポンプ,CTO-10ACVPカラムオーブン,SPD-M10AVPダイオードアレイ検出器,SIL-10ADVPオートサンプラー,CLASS-VP解析ソフト(島津製作所)
  カ ラ ム:Inertsil ODS-2(内径4.6mm,長さ150mm,粒径5μm,GLサイエンス製カラム)
  移 動 相:100mM過塩素酸ナトリウム(pH2.5)/メタノール/アセトニトリル(149/42/9:v/v/v)
  カラム温度:40℃
  移動相流速:0.8ml/min
  定量波長:245nm
 特徴:1検体の分析所要時間は約50分.検量線は1~1,000ng(試料中濃度0.1~100μg/mlに相当)の範囲で良好な直線性を示し,S/N=5としたときの検出限界は500pg(試料濃度0.05μg/mlに相当)まで分析可能である.試料中のサリチル酸濃度が100μg/ml以上の場合は事前に希釈して用いる.標準血清に1.0μg/mlとなるよう添加したサリチル酸の平均回収率は97.6±1.2%(n=5)と良好である.このHPLC条件は,図1に示すように,アセトアミノフェン,アスピリン,サリチル酸,フェナセチン,エテンザミドを一斉分離できる.

 4. 症   例
 17歳,女性.20時30分ごろ,自宅にて自殺目的で市販の解熱鎮痛剤(バファリンA,成分:アスピリン330mg,ダイアルミネート150mg/錠)を70錠(アスピリン23.1g相当)服用し,22時に母親とともに独歩にて来院した.自宅にて4回嘔吐があった.
 来院時意識レベルは清明で,バイタルサインに異常を認めなかった.胃洗浄を試みるも胃管の挿入が困難で,さらに処置室にて1回の嘔吐があり,吐物にほとんど錠剤様物を認めなかったので,胃洗浄は行わず経口にて活性炭8gを投与した.23時にICUへ入室し,強制利尿にて経過観察を行った.患者の退院希望が強く,翌朝には中毒症状として耳鳴りがあるも,バイタルサイン,血液検査に異常はなく,歩行も可能であったことから,本人と母親に十分なInformed Consentを行い翌日の7時30分に退院となった.図2に,服用10時間後の患者血清から得られたクロマトグラムを示す.サリチル酸,ISのピークは血清抽出物から良好に分離されており,サリチル酸の濃度は209.9μg/mlと定量された.
 サリチル酸の単回服用における急性中毒の重傷度判定にはノモグラム32)がある(図3).ただし徐放剤,被包されている錠剤,大量服用した場合は吸収動態が変化することから,複数ポイントの定量を行って判断するなどの考慮が必要な場合がある.本症例の服毒10時間後の血中サリチル酸濃度209.9μg/mlは,このノモグラム上において無症状域であった.

 5. 毒性とメカニズム1,4)
 一般に,アスピリンは150mg/kg以上服用すると嘔気,嘔吐などの症状が出現し,300mg/kg以上で重症となる.アスピリンおよび体内で加水分解されて遊離したサリチル酸により,次の作用を示す.①中枢神経の刺激により呼吸中枢が刺激され,頻呼吸となり,呼吸性アルカローシスと代償性の代謝性アシドーシスにいたり,また脱水症の一因となる.②細胞内では,酸化的リン酸化を切断し,ブドウ糖と脂肪酸の代謝を阻害する作用がある.③脳および肺の浮腫の発症機序は明らかでないが,毛細血管の透過性の変化と関係がある.④サリチル酸が血小板を変化させ,そしてプロトロンビン時間も延長させる.

 6. 体内動態1)
 治療量の服用では,主に小腸上部から吸収され,約2時間後にサリチル酸として最高血中濃度に達し,半減期は2~5時間である.大量服用では,血中濃度のピークは4~6時間,あるいはそれ以上に遅延し,12時間以上上昇することもある.吸収後のサリチル酸は,速やかに全身組織および細胞間液中に分布する.脳組織への移行は通常少ないが,血液pHの低下により増加した非解離型のサリチル酸は,容易に血液脳関門を通過し,中枢神経系の毒性を増加させる.治療域での分布容量は0.2l/kg,血漿タンパク結合率は80%であるが,過量服用での分布容量は0.3l/kg,血漿タンパク結合率は75%以下となる.
 主に肝臓で代謝され,尿中にはサリチル尿酸(75%),遊離型サリチル酸(10%),フェノール性グルクロニド(10%)などが排泄される.遊離型サリチル酸の排泄は投与量,尿のpHにより変動する.

 7. 臨床所見1,4)
 急性中毒では,服用後まもなく出現する嘔吐,過呼吸,耳鳴り,傾眠が続く.動脈血ガス分析では,呼吸性アルカローシスと代謝性アシドーシスが混合して確認される.重度の中毒では,昏睡,痙攣,低血糖,高体温,肺水腫が出現し,中枢神経系不全と心血管の虚脱が死因となる.耳鳴りは,サリチル酸濃度20~45mg/dlで出現し,遊離型サリチル酸濃度と関係するとされ,通常は可逆的である.

 8. 治   療
 消化管除去については議論が絶えないところであるが,サリチル酸は腸管蠕動を抑制すること,また大量服用の場合は吸収が遅延する傾向があることから,服毒後1時間を超えた場合でも,胃洗浄,活性炭投与が有効な場合がある4,33).
 気道を確保し,必要なら換気を補助する.酸素を投与する.肺水腫の監視には,連続的な動脈血ガス分析と胸部X線撮影を行う.昏睡,痙攣,肺水腫,高体温が起こればその治療を行う.代謝性アシドーシスの治療には,炭酸水素ナトリウムの静注を行う.血液pHを7.4以下にしてはならない.嘔吐と呼吸促追による水分,電解質の損失は輸液によって補正する.血液中のサリチル酸濃度が100~120mg/dl以上の場合や難治性のアシドーシス,中枢神経症状などが出現する場合には,血液透析を実施する.過度の水分投与は,肺水腫を助長するので注意する.無症候性の患者でも,最低6時間の観察をすべきである4).

 文 献
1) 石沢淳子:アスピリン,日本中毒情報センター編:改定版 症例で学ぶ中毒事故とその対策.じほう,東京,2000,pp127-31.
2) 内藤裕史:中毒百科,改定第2版.南江堂,東京,2001,pp354-5.
3) (財)日本中毒情報センター:2001年受信報告.中毒研究 2002;15:195-225.
4) 坂本哲也監訳:中毒ハンドブック.メディカルサイエンスインターナショナル出版,東京,1999,pp230-2.
5) 広島大学医学部法医学講座編:サリチル酸,薬毒物の簡易検査法-呈色反応を中心として-.じほう,東京,2001,pp120-1.
6) Blair D, Rumack BH, Peterson RG:Analysis for salicylic acid in serum by high-performance liquid chromatography. Clin Chem 1978;24:1543-4.
7) Cham BE, Johns D, Bochner F, et al.:Simultaneous liquid-chromatographic quantitation of salicylic acid, salicyluric acid, and gentisic acid in plasma. Clin Chem 1979;25:1420-5.
8) Cham BE, Ross-Lee L, Bochner F, et al.:Measurement and pharmacokinetics of acetylsalicylic acid by a novel high performance liquid chromatographic assay. Ther Drug Monit 1980;2:365-72.
9) Harrison LI, Funk ML, Ober RE:High-pressure liquid chromatographic determination of salicylsalicylic acid, aspirin, and salicylic acid in human plasma and urine. J Pharm Sci 1980;69:1268-71.
10) Wahlin-Boll E, Brantmark B, Hanson A, et al.:High-pressure liquid chromatographic determination of acetylsalicylic acid, salicylic acid, diflunisal, indomethacin, indoprofen and indobufen. Eur J Clin Pharmacol 1981;20:375-8.
11) Rumble RH, Roberts MS, Wanwimolruk S:Determination of aspirin and its major metabolites in plasma by high-performance liquid chromatography without solvent extraction. J Chromatogr 1981;225:252-60.
12) Buskin JN, Upton RA, Williams RL:Improved liquid-chromatography of aspirin, salicylate, and salicyluric acid in plasma, with a modification for determining aspirin metabolites in urine. Clin Chem 1982;28:1200-3.
13) Reidl U:Determination of acetylsalicylic acid and metabolites in biological fluids by high-performance liquid chromatography. J Chromatogr 1983;272:325-31.
14) Bakar SK, Niazi S:High-performance liquid chromatographic determination of aspirin and its metabolites in plasma and urine. J Pharm Sci 1983;72:1020-3.
15) O’Kruk RJ, Adams MA, Philp RB:Rapid and sensitive determination of acetylsalicylic acid and its metabolites using reversed-phase high-performance liquid chromatography. J Chromatogr 1984;310:343-52.
16) Ogunbona FA:Simultaneous liquid chromatographic determination of aspirin and the metabolites in human urine. J Chromatogr 1986;377:471-4.
17) Siebert DM, Bochner F:Determination of plasma aspirin and salicylic acid concentrations after low aspirin doses by high-performance liquid chromatography with post-column hydrolysis and fluorescence detection. J Chromatogr 1987;420:425-31.
18) Gaspari F, Locatelli M:Determination of aspirin and salicylic acid in uremic patients plasma using reversed-phase high-performance liquid chromatography. Ther Drug Monit 1987;9:243-7.
19) Kees F, Jehnich D, Grobecker H:Simultaneous determination of acetylsalicylic acid and salicylic acid in human plasma by high-performance liquid chromatography. J Chromatogr B 1996;677:172-7.
20) Krivosikova Z, Spustova V, Dzurik R:A highly sensitive HPLC method for the simultaneous determination of acetylsalicylic, salicylic and salicyluric acids in biologic fluids:pharmacokinetic, metabolic and monitoring implications. Method Find Exp Clin Pharmacol 1996;18:527-32.
21) McMahon GP, Kelly MT:Determination of aspirin and salicylic acid in human plasma by column-switching liquid chromatography using on-line solid-phase extraction. Anal Chem 1998;70:409-14.
22) Pirola R, Bareggi SR, De Benedittis G:Determination of acetylsalicylic acid and salicylic acid in skin and plasma by high-performance liquid chromatography. J Chromatogr B 1998;705:309-15.
23) Walter LJ, Biggs DF, Coutts RT:Simultaneous GLC estimation of salicylic acid and aspirin in plasma. J Pharm Sci 1974;63:1754-8.
24) Rance MJ, Jordan BJ, Nichols JD:A simultaneous determination of acetylsalicylic acid, salicylic acid and salicylamide in plasma by gas liquid chromatography. J Pharm Pharmacol 1975;27:425-9.
25) Tam YK, Au DS, Abbott FS:Improved gas-liquid chromatographic-flame ionization detection assay of acetylsalicylic and salicylic acids. J Chromatogr 1979;174:239-44.
26) Belanger PM, Lalande M, Dore F, et al.:Rapid gas chromatographic determination of serum salicylates after silylation. J Pharm Sci 1983;72:1092-3.
27) Tsikas D, Tewes KS, Gutzki FM, et al.:Gas chromatographic-tandem mass spectrometric determination of acetylsalicylic acid in human plasma after oral administration of low-dose aspirin and guaimesal. J Chromatogr B 1998;709:79-88.
28) Goto Y, Makino K, Kataoka Y, et al.:Determination of salicylic acid in human serum with capillary zone electrophoresis. J Chromatogr B 1998;706:329-35.
29) Hansen SH, Jensen ME, Bjornsdottir I:Assay of acetylsalicylic acid and three of its metabolites in human plasma and urin using non-aqueous capillary electrophoresis with reversed electroosmotic flow. J Pharm Biomed Anal 1998;17:1155-60.
30) Zaugg S, Zhang X, Sweedler J, et al.:Determination of salicylate, gentisic acid and salicyluric acid in human urine by capillary electrophoresis with laser-induced fluorescence detection. J Chromatogr B 2001;752:17-31.
31) 堀  寧,岩崎泰昌,黒木由美子,他:中毒起因物質の実用的分析法 アセトアミノフェン.中毒研究 2002;15:385-90.
32) Done AK:Salicylate intoxication:Significance of mesurement of salicylate in blood in cases of acute ingestion. Pediatrics 1960;26:800.
33) 奥村 徹,鈴木幸一郎:講座 消化管除去-3-胃洗浄.中毒研究 2001;14:133-9.

この記事についての問い合わせ先:新潟市民病院薬剤部 堀  寧
E-mailアドレス horiy@xa3.so-net.ne.jp

中毒情報・資料

TEL 03-3384-8123

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

中毒情報・資料

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本中毒学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.